Santa Bararaから帰宅

昨日と今日の2日間、サンタバーバラで、1960年代に放映された西部劇(正確には西部劇の時代よりも以前の時代)のテレビドラマ、ダニエル・ブーン
http://danielboonetv.com/
http://www.walkerplus.com/movie/ki…

のDVDリリースの得点映像として、当時のキャストのインタビューなどに行ってきました。

主役だった人は、現在サンタバーバラにホテル2つ
http://www.fpdtr.com/
http://www.fessparker.com/index.htm

とワイン農場を経営していて

http://www.matsubarafamily.com/cal…

初日は、主役の人が今経営している、Fess Parker’s Double Tree Hotel
http://www.fpdtr.com/
の会議室の一室でステージをセットアップして撮影。
昨夜は、そのホテルにタダでとまって、

翌日はワイン農場で撮影。

50〜60代のアメリカ人の人にはスター的存在のキャストの人と会ってインタビューするものの、「ほほう、そんなにすごい人なのか〜」程度(お金持ちで、次元が違う人なのはわかる)

しかし、インタビューは最低でも30分。最長のものでも1時間。サウンドで参加したのでマイクを2日間持ちっぱなし。

初日の撮影が終わった後も疲労でホテルのバーでこの仕事を紹介してもらった友達と一杯飲んだだけ。

しかし、昔の大スターのインタビューは結構よい経験でした。

つかれた〜