草の根マーケティング・その2・MySpace

今月末から3つ立て続けに行われる、Asian Storiesの映画祭での上映。

そのプロモーション計画第2弾、アメリカで主に使われているMySpaceです。

MySpaceは、ご存知の人はご存知。アメリカではMixiやGreeと同じぐらいに有名(犯罪も起きている)なSNSサイト。

MySpaceには、普通のプロフィールの他にも、ミュージシャンや映画やコメディアン等にカスタマイズされたプロフィールを制作出来る。

そして、Mixiとの一番の違いは、自分のプロフィールのページが、かなりの割合で自由にカスタマイズ出来るという事。

ということで、Asian Storiesのプロフィールのページには、今後の映画の上映スケジュールや、前回紹介したYouTubeのビデオなどを載せております。

そ のほかにも、Mixiと違うところは、自分のプロフィールに表示される友達リストをカスタマイズ出来るという事。ということで、Asian Storiesのトップフレンドリストには、役者やクルー、そしてクロスポロモーションをしている映画や、プロモーションに一役買ってくれた人をトップフ レンドリストとして紹介。

そして、それまたすごいのは、その人の数。

今現在している事は、ロスの映画祭が行われる場所を中心として、そこら周辺に住んでいるアジア人もしくはアジア系アメリカ人の人に、一日500人をメドに、メッセージを流しています。

実 は、Asian StoriesのMySpaceのプロフィールを開設して4ヶ月で500人といういわいるマイミクもしくは友達をゲットしたんですが、世の中には3000 人とかの友達がいる、アジアアメリカンの映画のプロフィールのサイトがあるので・・・ひとまず年末までに5000人くらい友達が出来ればと思っております (野望)

500人というのは一日のリミットなので、それ以上のメッセージを出す事は出来ませんが、ロスに住んでいるアジア人、もしくはアジア系アメリカ人でMySpaceに登録している人は、ざっと3万人以上。

地道な作業で一日数時間をパソコンの目の前に座ってクリックしています(かなりオタクですな〜。)

とにもかくにも、ロスとサンディエゴの上映会を成功させるぞ〜。