自分の映画が2月1日、ロスで劇場公開決定!

とうとう、この日がやって来ました。

MA(サウンドミキサー、Re-recording Sound Mixer)として働いた映画がとうとう劇場公開されます。

これで、全米テレビと劇場制覇です。あとは全国公開される映画に働くだけですな〜。

作 品の名前は「Tre」。これは男女の四角関係を題材にした作品で、ストーリー的には普通なんですが、映像がすばらしい。あと監督と脚本家(メインの女優さ んと監督さんが脚本を書きました)の言葉遊びも随時盛り込まれていて、ダークなジョークもあり。そして、実はかなり昼ドラ並みに堕ちたストーリーなんです が、素晴らしい映像がそれを打ち消し、美しい、ある意味日本的なドラマになっています。

あと、からみシーンあります。ので子供さんには絶対にお勧め出来ません。

「Tre」最初に編集スタジオに入ったのが2005年の10月・・・。それから2年ちょっとをかけて、やっとこさの劇場公開です。

私は、メインは音の編集です。実はこの作品が生まれて初めて長編映画の音に携わったという思い出の作品で、これから監督さんからいろいろお世話になり、TV番組と、もう一つの長編映画にも参加させていただくことになりました。

音の編集という事で、監督(男)二人で、暗い編集スタジオで、カラミのシーンをミキシングしているとき、「この喘ぎ声を使おう」なんてアダルトビデオを編集しているような感じで変な感じでしたが(苦笑)でも、イヤらしくはないです。

またDVDの制作やエンドクレジットの作成もしました(劇場用フィルムに出力するときに変えられているかもしれませんが・・・)

2008年2月1日、ロサンゼルスのLaemmle’s Sunset 5を皮切りに、順次公開されて行きます(成績が良かったら)

映画のホームページは
http://trethemovie.com

映画館のホームページは
http://www.laemmle.com/

Sunset 5 West Hollywoodでの上映です。
3日前から前売りのチケットを販売します。

下が監督がYouTubeにアップロードした映画の2シーンです。

特に最初のシーンでは、鈴虫と俳優さんの声のバランスと、あと俳優さんの声の質を調整するのに苦労しました。

[ シーン1 ]

[ シーン2 ]