ブログメディアの台頭は実はマーケティング泣かせ

興味深いニュースを二つ。

テクノラティが全面刷新、検索からメディアへ
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20367559,00.htm?ref=rss

メディア職とマーケティング職,就業状況で明暗がくっきり
http://zen.seesaa.net/article/84610291.html

テクノラティとは、「はてな」等に代表される、ブックマーキングメディア。つまり一般のユーザーの方が、「これは良い」とおもったブログやホームページを集めてそれをランキングで表示させて行くというサービスで、アメリカでは「Digg」などが有名です。

しかし、やはりこれだけブログが多いと、整理しないと行けない・・・。

昔 は、情報は新聞・テレビ・ラジオ・雑誌等にすべて情報が収集され、私たちはそれらのメディアを観るだけで良かったのですが、今では、世界に無数にあるブロ グから情報を収集しないと行けなくなりました。昔は視聴率や、発行部数の数字を割り出すだけで、大丈夫だったのに、情報が拡散されている傾向にあります。

私も、今では、毎日、アメリカ、日本のメディアを新聞サイト、メルマガ、ブログ等を中心に、30〜40社を行ったり来たりしています。

例 えば、株の情報をとってみると、昔は極論を言えば、テレビ東京の経済番組と、日経新聞を読んでいれば大丈夫だったのですが、今では、そこで報道されている ときには既に遅し・・・株価の変動が会った後にレポートされることになったので、彼らよりも一歩先に情報を収集する必要が出て来た訳です。

ネタ探しをするためにマーケティング業界が台頭してきたということでしょう。

そして、前述のブックマークのソーシャルネットワーキングで、みんながブログで書き出す前に、その傾向を読み取る必要が出て来たので、システムを刷新する必要が出て来たという事です。

また、

日本初、「PRのプロ」を育てる学科
http://passnavi.evidus.com/tokushu/new_course/nagoya_bunri/main.html

など見ても分かるように。数年後、日本でもマーケティングが一番重要な職業になって行く事でしょう。


Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!
御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com