長期のドル以外の外貨定期預金を考える

昨日の夜、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で、有名な投資家である、ジム・ロジャースのインタビューが流れていました。

テレビ東京・ワールドビジネスサテライト
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

Wikipedia ジム・ロジャース
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジム・ロジャーズ

彼によると(というか、以前からいろいろなところで言われて来ていますが)ドルの破綻は目に見えているから、ドルの資産を転機を見て全て処理しようと思っているらしい。

その中で彼が資産の分散に候補を挙げている外貨が

日本円、中国元、スイスフラン、ユーロ。

私なりの個人的な意見では(あくまでも個人的な意見です)

日本円はドルの影響をまともに受ける可能性がある。

中国元は・・・分散投資だったら考慮してもいいけれども・・・

スイスフランは1億円以上の資産を持っている方向け、プライベートバンキングが強く、普通の口座の金利はめちゃ低い。(というか、知り合いでスイスの銀行に勤めている友人がいるので、一億円以上の資産運用をされたい方、紹介しますよ〜)

ということで、ユーロが妥当かな〜。

実は、少ない金額なので、恥ずかしくて書けませんが、今、シティーバンクでドル建てで定期預金を組んでいて、それが3月7日をもって満期になるので、これを機会に、違う外貨に変えようかなと思っております。

そこで、私なりに、5年定期預金の外貨シュミレーターなるものをエクセルで簡単に作ってみました。


(画像をクリックすると詳細が見れます)

ちなみに、基本を1億円で運用したことにしておりますが、公開用に数字を変えただけです。

シティーバンクが提供している通貨とその為替レート、そして利子の源泉徴収として利子の20%を差し引いて、Citibankが現在徴収している為替手数料を入れて、5年後にどうなっているかというのを、簡単にシュミレーションしてみました。

ニュージーランドドルが断然有利・・・。ただ、外貨預金は為替も影響して来ます。

ということで、為替の動向を調べました。

Yahoo!ファイナンス – 外国為替情報
http://quote.yahoo.co.jp/m3?u

Yahoo!ファイナンスの良いところは、最長10年のチャートを表示してくれる事。
私のように一日おきの、ギャンブルFXなんてしたくもないので、長期の為替レートを分析出来るところは貴重です。

でも、Yahoo!ファイナンスで、NZドルの長期チャートが見られなかったので、ググってみました。

NZドル-円 為替レート – Gakuのホームページ
http://homepage1.nifty.com/Gaku/forex/nzd/forexnzd.htm

この方はすごいです。8年間ものデータを載せられております。
こういう個人の情報は貴重です。

また、アメリカの Yahoo!ファイナンスでは、NZドルと日本の5年間のチャートを見る事が出来ます。

Yahoo! Finance Japanese Yen to NZ$ 5 Year Chart
http://finance.yahoo.com/currency/convert?from=NZD&to=JPY&amt=1&t=5y

ということで、ニュージーランドドルは、昨年1ドル=95円をピークにいったりきたり・・・。ニュージーランドは農業国で安定した輸出等をしているので、多分、大丈夫だろ〜かな〜っていうのが印象。

し かし、自分もあんまりニュージーランドの経済についての情報が乏しいので、今のところは、ユーロ建ての定期預金に切り替える・・・そして、ニュージーラン ドの情報がもっと入って、自信が持てるのであれば、金利が高いということもあり、ニュージーランドドルで定期預金をたてようかな〜とというのが、私のいま の気持ちでございます。

捕らぬ狸の皮算用ですが、一度エクセルで表を作ってしまうと、いろんな数字を入れてみて遊びたくなるものです。

年間利子が500万円になって、利子だけで生きて行けるようになるには、どれだけの資金が必要かな〜とシュミレーションしてみました。

結果は、1億7千500万円。

グリーンジャンボ宝くじを、買いに行こうと思います(苦笑)

=====================================
*お断り・免責の告知
ここの書かれている事は、あくまでも私の意見です。
私は投資の専門家ではないです。
私の情報をもとに、何らかの損害が出たとしても、当方ではいっさいの責任を持つ事が出来ません。
=====================================


Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!
御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com