波瀾万丈になりそう・パプアニューギニアの撮影

さて、3度目の正直で参加する事にしました。パプアニューギニアでのサーフィンのドキュメンタリー映画。

昨年11月に発売されたDVDと同じメンバーで撮影を行います。

The Forgotten Coast DVD
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000VIPXNA?ie=UTF8&tag=katz515-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000VIPXNA

ちなみに、このDVDは、日本のDVDプレイヤーで再生出来ないとありますが、問題なく再生出来るので、英語だけでも構わない方は、買って下さい〜。

制作チームは私が学生時代に映画学部で一緒のクラスだった知り合いが中心で、一緒に働くのは、これで3回目。

一回目は、ボクシングの青春もの学生映画(右側でカメラを覗のぞているのが私です)

そして、2回目は前述のサーフィン映画。

そして、今回も新たなサーフィン映画です。

元同級生である監督さんは、大のサーフィンマニア。前回の作品は、私は他の長編映画にプロデューサーとして参加していて編集があったので撮影には参加出来ず、撮影前の機材のアドバイスと編集のみに参加しました。

実 は、今回も私の日本の法人の立ち上げと、アメリカ法人の立ち上げのために断っていたんですが、先週、無事に法人がカリフォルニア州で登記が確認され、スケ ジュール的にぎりぎり可能で、ちょっと落ち着き、そして、以前に2回も断っていたのに、監督とプロデューサーからまた頼まれたので、私が折れました(苦 笑)

しかし、こんなにまでして、私の腕を買ってくれるのはうれしいです。彼らとはもう4年の付き合いになります。私が日本にいてもわざわざ電話してくれましたから・・・。

今回のプロジェクトは、パプアニューギニアでのドキュメンタリー。

今 回は、昨今の流行に乗っ取って、パプアニューギニアの環境問題や原住民の方と交流しながら、波に乗るという趣旨らしいです。撮影は、小型ハイビジョンカメ ラのPanasonicのHVX200が候補に挙がっています・・・というか、出発1週間もないのに、まだ機材が決まっていません・・・先が思いやられま す。

パプアニューギニアという事で、うらやましいと思われる方。全然違います。

断っておきますが、私たちは原住民の方が住まわれている未開の地に行きます。マラリアにかかる危険性もあります。下痢になっちゃう危険性もあります。

あと、必要最低限の荷物しか持って行かないつもりなので、着替えもほとんどなしで撮影を敢行するつもりです。

その中で、カメラという精密機械を使って、バッテリーを気にしながら撮影に行くので、かなりしんどくなるでしょう。

出発は3月7日〜10日のどれか。2週間を予定しておりますが、もっと長引くかもしれません。

なので、もちろん、その前後は、ブログの書き込みが出来ませんのでご了承下さい。

.


Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!
御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com

cc common dummy placement