資生堂がニューヨークタイムズで紹介される

今先ほど、ニューヨークタイムズに、資生堂のアメリカ現地法人CEOのHeidi Manheimerさんのインタービュー記事が掲載されました。

Fitting In, Japanese Style – The Boss
http://www.nytimes.com/2008/03/02/jobs/02boss.html?_r=1&ex=1362200400&en=e0cb0b398c8774c3&ei=5088

(日がたつと、無料のユーザー登録をしないと記事が見られなくなります)

これは、日本の新聞で言う人物紹介のような記事で、書かれている事は、ニュージャージーで生まれ、日本にも化粧品にも縁もゆかりもなく、寿司さえも食べれなかった彼女が、今は日本の資生堂の現地法人の社長にまで上り詰めた事を紹介しているだけですが・・・。

資生堂さんは日本で一番の大企業であることもありますが、当初、アメリカへの進出は現地の日本人や韓国人等アジア人向けのみに事業展開されていたのみでした。

それが、ニューヨークタイムズに紹介されるということは、アメリカでの市民権を得られ始めている証拠でしょう。

数年前に、サンタモニカでアジア人ではない一般のお客さん向けにブティックをオープンされているのを見た私ですが、日本の企業さんは製造業のみならず着実に世界進出をされているようです。

しかも社長さんは日本の事を全然知らなかったアメリカ人。こうやって、日本の特色を生かしながらも、現地に合わせた事業展開が出来るような体制作りをされてる事だと思わされます。

先見のある企業様はきちんとやられていますね。

.


Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!
御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com

cc common dummy placement