韓国での日本人像?から考える逆の立場

韓国に在住の英語教師、Brianさんのブログ「Brian in Jeollanam-do」で、こんな事が・・・。

彼の勤めている学校で、外国語の言葉を網羅した教本の新版が入ったらしいのですが、その中の一つ・・・。日本語の教科書中の絵です。

苦笑してしまいました。おそらく、絶対、この絵を選んだ人は、テキトーに選んだと思います。今でもアメリカ人のイラストでカウボーイを使う日本の英語教本がありますから、どっこいどっこいです。

ここで言いたいのは、鎖国の時代は終わりつつあり、視野を広くする必要が出て来たのかなということ・・・。 いつものように話を飛躍させておりますが・・・。

時間があれば詳しく書きますが、インターネットのはびこる今、内輪向けに作られた資料も、外に出る確率が高いです。

例えば、大相撲でも、昔は日本人だらけだったので、暗黙の了解がしやすかったのですが、外国人力士が多くなり、暗黙の了解がしづらくなり、昔と比べると信じられないくらい細部まで気をつけなくては行けない時代になったなど・・・。

また、私たち日本人の一部は、知らないうちに、外国人に上のような扱いをして傷つけている場合もあるという事を認識して下さい。

Brianさんには、ここのブログへの写真の掲載を快諾していただきました。

———-
I think this picture make some Japanese people upset… But hey, Japanese people still use a cowboy photo to represent entire American people anyway. It’s a same deal.

Thank you Brian for letting me use your photo.

브라이언, 사진을 감사합니다!!

元出

Behold! Our shiny replacements – Brian in Jeollanam-do
http://briandeutsch.blogspot.com/2008/10/behold-our-shiny-replacements.html

Illustration of a Japanese person – Japan Probe
http://www.japanprobe.com/?p=6424

cc common dummy placement