写真の新しい形

最近、写真屋さんの減少が目立って来ています。

昔、写真屋さんと言えば、記念写真・修学旅行写真とフィルムの販売で現像でした。

昔は基本的に物品販売で成り立っていたのが、今後は写真を撮るというサービス業へ、業態を変えなければ生き残って行けないという特殊な業界です。

つまり、上手な絵が撮れない写真屋さんは、絶対廃業という厳しい業界です。

テレビ・新聞・写真はネットの躍進で、特に影響を受けています。

そんな中で、今朝の「とくダネ」で面白い特集が・・・

○浅田家 by 浅田 政志
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4903545261?ie=UTF8&tag=katz515-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4903545261

浅田政志さんは、家族写真を、普通の家族写真じゃなくて、シチュエーションな家族写真にして撮影してしまおうという試みをされているカメラマンさんです。

浅田さんはご自分の家族をモデルにして、電気工事している家族写真、家をピッキングしている泥棒の家族写真など、いろいろなおもしろ家族写真を撮られて来ており、今は、他の家族の家族写真を撮り続けられているそうです。

同じ同郷の三重県という事でも注目。

写真家の方にもいろいろな方がいらっしゃいます。

・報道写真を撮る報道系
・作品や広告写真を撮るアーティスト系。
・そして、家族写真、学校行事などの記録写真を撮る町の写真屋さんなどの地元系。

でも、浅田さんは、アーティストと、地元の写真屋さんの業態とをうまくコラボレーションされていて、アイデア賞だなと感心させられました。頑張って下さい〜!

○浅田家ブログ(浅田政志さんのブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/ajyms777

.

cc common dummy placement