映画制作者の為のマーケティング術

ホームページ制作や、YouTubeなど、安価もしくは無料で利用出来るツールが揃って来ているこの世の中、私が貧乏フィルムメーカーとして培って来たマーケティング術を公開します。

○映画を上手にマーケティング

さて、日本でも、いろいろ自主制作で映画を作っておられる方がたくさんいらっしゃいます。また、それを上映出来るスペースも多くなり、発表の場が多くなっている事は喜ばしい限りです。

日本のインディー映画発展のため、私が培って来たノウハウをお伝えしたいと思います。

○映画の制作時に気をつけること

さて、自分の作品を上手にマーケティングするための努力は映画の制作段階から始まります。以下、映画を制作している時にできればやっておきたい事。

1.写真を撮る

これは絶対にやっておきたい事です。

「映像を作っているのに、なんで写真を撮らないと行けないの」

と疑問に思っている方がいらっしゃるとおもいますが、写真はポスターやマスコミ・ウェブサイトに宣伝するときに絶対必要なもの。

できるだけ、プロに撮ってもらう事が好ましいですが、写真学校に通っている友人や、写真を趣味にしている人がいたら頼みましょう。

そんな人がいなかったら、仕方がありません。手持ちのデジカメで撮りましょう。

そうして、できるなら、「写真タイム」を作って下さい。

それは、リハーサル等で役者さんがリハーサルをしているときの写真です。

「最近はハイビジョンで録っているから画面から切り出してもいいじゃん」

と思われている方。ちょっと写真に詳しい方なら分かるのですが、ビデオのシャッタースピードは、基本的に1/60程度。速い動きをしているシーンを撮る時は被写体がぶれている可能性があります。

また、最近は1000万画素のデジタルカメラ等がありますが、それらの画像はおっきいポスターが作れますが、ハイビジョンで録った画像は、せいぜいポストカード程度にしか使い物になりません。

できるだけ、デジカメで写真を撮っておきましょう。

2.メイキングビデオを撮る

これはちょっと、写真よりも負担がかかりますが、予備のビデオカメラがあったら録っておきましょう。

しかも、最近のデジタルカメラや携帯カメラにもビデオが撮れる機能がついています。

それらの映像は、YouTubeで、完成前のプレビューとかには使えますので、予備のビデオカメラがなくても、動画が撮れるカメラでなにかメイキングの映像を撮っておきましょう。


これは私が撮影した映画祭の時の観客の人の感想インタビュー集です(RSSフィードで見ている人はご覧に慣れないので、私のブログに来ていただけるとご覧になれます)

○プロモーションを準備する

さて、撮影も終わり、編集作業もほぼ終わりという段階で行っておくべき事です。

1.作っておきたいプロモ関連グッズ

作っておきたいプロモ関連グッズは

    ———-
    1. 映画専用の名刺
    2. ポストカード
    3. フライヤー
    4. Tシャツ
    5. ポスター
    ———-

費用が少ない純に書いてみました。ポスターやポストカードを作り予算がなかったら、最低限、名刺は作りましょう。ホームページのアドレスを記入して、デジカメで撮った写真なんかをフルカラーで印刷できれば、最低限のプロモーションになります。

4.Tシャツは、イベントやクラブとかに着ていってもらったら効果絶大です。町を歩いているだけで宣伝になりますからね。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト」 のプロデューサーの話では、プロジェクトをプロモートするときにビーチバレーの会場に行きました。そうして、まず、テレビのカメラマンスタッフに映画のT シャツをあげ、そして会場の観客にもTシャツをあげました。そうして、ゲームの途中に、カメラが観客を撮るときに、自分の来ているTシャツと同じTシャツ を着ている観客にカメラを持って行きたくなります・・・。タダ(Tシャツの印刷代)で自分の映画がテレビで宣伝出来たのでした・・・。

た だし、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は制作費こそ数百万円ですが、マーケティングに数億円かけてますので、あれだけのヒットを呼ぶには、Tシャツを 作るだけで数百万掛かりますから、それくらいのお金をかけないと、どっちにしろ大成功には行かない事を知っておいて下さい。

ただ、スタッフの人や俳優の人に、「おつかれさま」という感じで少量作るのはオッケーです。家族友人総動員で上映会に来てくれる訳ですから。それくらいの恩返しはしてあげましょう。

また、これ以外にも携帯ストラップとかうちわとかいろいろグッズは考えられます。自分との予算を考えてそれらを惜しげもなく作って行きましょう。

2.作っておきたい「あらすじ」

ここで、50語、100語、200語のあらすじを用意しておきましょう。ショートフィルムなら200語はちょっと長過ぎますけれど・・・。

新 聞などに来てもらうときや取材してもらうときに、映画のあらすじを紹介してもらえるかも。そのときに、場合によっては紙面やスペースを割いてくれますが限 界があります。取材してくれる人もあまり時間はありません。ということで、あらすじを何パターンかにわけて事前に作っておきましょう。そうして、「好きに コピペしてください」と伝えておきますが、だいたい取材してくれた人はそのまま使ってくれます。

あらすじを提供しないと、取材してくれた人は自分であらすじを考えられます。もしかしたら自分が意図しないあらすじを書かれてしまうかもしれません。それを防止するためにも、自分で用意するのが懸命です。

3.そのほかに作っておきたい関係資料

これは、後日お知らせするホームページにも載せられる資料ですが、取材してくれる一に渡せるように、ワードファイルかPDFにして作っておきましょう。

    ———-
    1.映画を作ることになったきっかけ
    2.監督の言葉
    3.制作秘話
    4.主演のプロフィール
    5.メインスタッフのプロフィール
    6.完成作品、もしくはほぼ完成作品を見た主役の感想
    7.キャスト・スタッフ一覧
    8.テーマソングがあるならそのミュージシャンの情報
    ———-

などなど。

これらの情報がそろえてあると、取材してくれる側としても事前勉強ができるので、やりやすいです。

4.予告編

まあ、これは皆さんお分かりでしょう。予告編は2分以内。できれば1分バージョンとかも作っておきましょう。

5.ビデオクリップ

さあ、テレビの取材が来てくれるならあなたはラッキーです。

そうして、映画の一部分をビデオクリップとして、DVD、DVもしくはHDVテープで提供出来るようにしてくれるならなおさらラッキーです。

自分の作った映像がちょっとだけテレビ放映されるかも。また映画祭に参加する時も、そういったビデオクリップを提出しておくと、彼らが地元のテレビ局にビデオクリップを提供してくれるかも。

また、

○アップルのプレゼン術を盗め!(その3)
http://ja.katzueno.com/2008/10/826/

でも書きましたが、DVもしくはHDV圧縮のmov、aviデータをサーバーにそのまま載せておけるならば、データを郵送する手間も省けますが、放送局によってはテープしか受け付けてくれませんので、テープは絶対に用意しておきましょう。


これが私が実際にYouTubeに公開しているビデオクリップです(RSSフィードで見ている人はご覧に慣れないので、私のブログに来ていただけるとご覧になれます)

さて、いよいよ次は、ホームページ制作です。

○映画のホームページのコツ

まずは、インディー映画を作っている皆様にアドバイス。

1.Flashアニメサイトを作るな〜!

ハリウッドの映画サイトでも、日本の映画サイトでも、フラッシュを使った華麗なアニメサイトを良く見かけます。

ただ、自主制作映画を作っている人たちは、おそらく、監督とかプロデューサーが全部自分でやっている可能性があります。

なので、時間がないとおもいます。実はホームページに重要なのは、どれだけ早く最新情報を伝えられるか。

例 えば、上映するイベントが出来たとしましょう。でも、その情報をいち早く載せられないと意味がありません。アメリカでもたくさんのインディー映画製作者 が、フラッシュで凝りすぎる映画サイトを作ったために、更新が完全にストップしてホームページが死んでしまう可能性があります。

もちろん、フラッシュを扱えるデザイナーさんを専属してついてくれる幸運なプロデューサーさんはどんどんフラッシュを使ってもらって結構ですが・・・ここで忠告。

フラッシュサイトは検索エンジン対策が基本的に出来ないことも言及しておきます。

なので、きちんと更新出来る体制が出来ない時は、HTML中心のホームページにすることが重要です。

んで、お金がある人は当社に頼むという手も(苦笑)更新がブラウザ上からも出来る簡単な CMSオリジナルサイトが作れますぜ〜って所詮はそこかいっ・・・。

2.ホームページを訪れる人を考える

ホームページは所詮、映画の情報を知りたい人が来る場所。時々、かっこ良くするためにデザインに気を使いすぎてメニューが滅茶苦茶になっているとか、見にくいサイトを見かけます。

これは普通のホームページを制作している人にも言えるのですが、とにかく、自分のホームページに来る人がどんな情報が欲しいのかを考えたデザインにしましょう。

ということで、私が今までの経験で・・・。

    ———
    1.予告編等の動画
    2.上映会の情報
    3.あらすじ
    4.キャスト
    5.スタッフ
    6.裏話
    ———-

が、ホームページに訪れる人が欲している情報の優先順位です。これに従った情報サイトを作って行きましょう。

3.マスコミ向け・ブロガー向けのページを作る

私が数日前に書いた、

○アップルのプレゼン術を盗め!(その2)
http://ja.katzueno.com/2008/10/822/

○アップルのプレゼン術を盗め!(その3)
http://ja.katzueno.com/2008/10/826/

と基本的な事は同じです。上で書いた報道関係者向けの資料を、ホームページ中に簡単にコピー出来るテキストとして、そして、ワードファイル、PDFファイルとしてダウンロード出来るように公開して行きましょう。

印 刷に耐えうる高解像度写真をどんどん公開しましょう。著作権が気になるって言ってられません。ちゃんとカメラマンさんに許可を取って、どんどん公開して行 きましょう。小さめの画像もダウンロード出来るようにして、ブログに使ってもらったりもしましょう。ブログ用の画像は自分のホームページアドレスを埋め込 むのを忘れずに。

○Press Page – Asian Stories
http://www.asianstoriesmovie.com/en/press/index.html

これが、私が実際に作成した報道関係者向けのプレスキットです。

また、ホームページやブログに貼付ける事の出来るアイコンやバナーを公開する事も有益です。例えば、私の映画のホームページには、

○Help Us Promote -Asian Stories
http://www.asianstoriesmovie.com/en/prom/index.html

の ように、コードを貼付けるだけで、個人のホームページやブログに貼付ける事が出来るようになっています。また、アニメGIFを使い自分のサーバースペース に保存してある画像を毎回読み込んでもらう事によって、新しい情報を常に発信して行けるようになります。その時は、きちんと毎回作る画像が同じサイズであ る事に留意して下さい。

また、YouTubeの動画等へリンクをして、どんどん自分のブログに動画を貼付けて行って下さいと宣伝しています。

4.メルマガの発行や更新をきちんと

まぐまぐなどのメールマガジン無両発行ツール等があります。更新も頻繁に出来るようにしましょう。

5.ホームページ制作に役立つ情報

さて、私が以前に書いたブログ記事です。ホームページ制作にお役に立てて下さい。ただし、以下のホームページ制作ソフトはプロの視点からいろいろ問題があるのですが、まあ、適当にホームページが作れるソフトとして紹介しています。

○手抜きウェブサイト作成ソフトの紹介
http://ja.katzueno.com/2007/12/403/
○独自ドメインで格安ホームページ制作のススメ
http://ja.katzueno.com/2008/04/576/

○YouTube、Mixi、MySpaceを活用する

YouTune にどんどん動画を公開して行きましょう。予告編のみならず、前述した携帯カメラから録ったメイキング映像等。また、方法の一つとして、本編の最初の数分を 思い切って公開してしまうという手法もあります。しかしYouTubeに公開したからといってほとんどの場合はすぐ有名になれません。地道にブログに紹介 してもらう努力を惜しまずにしてください。

○Asian Stories – YouTube Channel
http://jp.youtube.com/asianstories

これが私の映画のYouTubeチャンネルです。残念ながらメイキングを取る時間がなかったのですが、映画祭の模様等を撮影・編集して載せました。ちなみに、全部私一人の手作りです。

自主制作の作品であれば、Mixiに関連するコミュに参加して、きちんろ管理人さんに許可を取った上でイベントを宣伝しましょう。Mixiは法人による宣伝活動を禁止しているので、会社として制作したインディー作品はあまり宣伝出来ません。

しかし、MySpaceは大々的に宣伝出来ます。ユーザー数は少ないですが、ビデオを載せられたり音楽を載せられたりします。バンドが映画に参加していたら、ついでにバンドの人と一緒にMySpace始めましょう〜。

ただし、アメリカではMySpaceはかなり有効ですが、日本ではあまり有効ではありません。なので、MySpaceは時間があるひとのみ。以下が私が運営しているMySpaceの映画プロフィール群です、

○Asian Stories – MySpace
http://www.myspace.com/asianstories
○My Life Disoriented – MySpace
http://www.myspace.com/mylifedisoriented
○Americanese – MySpace
http://www.myspace.com/americanesemovie

以上、私なりの貧乏自主制作をしている人へのアドバイスでした。

ただ、いい映画を作る事が大前提です。どれだけ良いホームページを作っても、プロモーションが出来ても、良い映画じゃないと観客の皆さんは来てくれません。なので、まずは良い映画を作る事に専念して下さいね。

.

cc common dummy placement