東京オープンソースコンファレンスのビデオ公開〜!

さて、私は、日本で、オープンソースのソフトウエアを開発している、Usagi Projectの開発メンバーの一員ですが、このたび、先週末行われた、東京オープンソースコンファレンス2009/Springに参加して参りました。

Usagi Projectでは、MixiのようなSNSを、サーバーの知識があれば、どなたでも安価に導入出来るように、MyNETSというソフトウエアをボランティアの有志によって開発、無償で公開しています。

また、このたび、Usagi Projectが、concrete5という、ホームページ運用ソフトウエアの日本語版を開発・配布していくことになり、その発表をかねて、東京に行って参りました。

オープンソースとは、ソフトウエアを無償で公開し、しかも、利用者が自分で好き勝手に変更出来るようにとプログラムのソースコードも公開されたソフトウエアの事を指します。

concrete5も、元々は、アメリカのデザインスタジオで開発されていた110万円もする商用ソフトウエアでしたが、彼らが昨年、自分たちの技術をより多くの人に使ってもらおうと、オープンソース化されました。

つまり、110万円したソフトが、タダになったのです。

オープンソースというビジネスモデルは様々な業態があります。

例 えば、寄付金を募ったり、開発者をボランティアで募集して運営して行くオープンソースもあれば、会社が主体となってオープンソースのソフトウエアを普及さ せて行き、企業やプロジェクトによって、それ独自の特定の機能を追加させたい場合、そこからカスタマイズ料金として収益を受け取るなどのビジネスモデルが あります。

Usagi Projectは、どちらかといえば、前者のグループですが、全国各地の企業様がMyNETSを独自にカスタマイズするという有償サービスも提供しています。

■Usagi Project パートナー企業一覧
http://tinyurl.com/bo5zv9

Usagi Project メンバーにはプロのプログラマーさんもいらっしゃいますし、私のようなデザインや映像業を本業としているものもいます。また普通の会社員さんで、趣味のSNSのサイトを運営されている方もいらっしゃいます。

私は元々映像・出版・デザイン出身ですが、Usagi Projectで活動して行くうちに、ウェブサーバー管理ができるようになり、プログラミングもある程度できるようになってしまいました・・・。ますます自分の職業が分からなくなって来ました・・・(苦笑)

企業主体のオープンソースのグループとは違い、きちんとしたルールを守っていただければ、どなたでも参加する事が出来ます。自由な雰囲気のあるオープンソースグループです。

concrete5開発元は、どちらかというと、デザイン会社主体で後者にあてはまります。しかし、今現在、世界各地の有志が各国語判を制作しており、私も日本語制作にあたり、スイスのユーザーグループの方と外国語への対応について協力し合ったりしています。

現在、concrete5は日本語対応すべく誠意制作中です。できれば今月中に一般公開出来るレベルにまで行けたらなと思っています・・・。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、先週行われたイベントのビデオの模様です。実は英語なんですが・・・。

普通画質
http://www.youtube.com/watch?v=1AFjZKTWMSA
HD画質

.

http://www.youtube.com/watch?v=1AFjZKTWMSA&fmt=22

.

このビデオは以下の理由で英語で作らせていただきました。

1.開発元への敬意と結果報告
2.Usagi Projectの活動を世界にアピール

日本のオープンソースのグループが頑張っているんだ〜と世界の皆さんにアピールできればとも思っています。

また後日オープンソースの活動について、誰でも使えるSNSソフト、MyNETS、そして、この画期的なホームページ運用ソフト、concrete5について、詳しくレポートして行ければとも思っています。
.
.
■Usagi Project公式ホームページ
http://usagi-project.org

■concrete5日本語公式サイト(準備中です)
http://concrete5-japan.org

cc common dummy placement