大掃除のコツ

ということで、帰国後の荷解き&大掃除をしています。

渡米直前に、

●ガイアの夜明け「“そうじ”で不況突破」(6月2日放送)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview090602.html

という番組もありましたが、そろそろ自分のオフィスのデスク等が手狭になって来ました。

ということで、渡米前にニトリから、事務所用にと、新しい机2個と棚を1個、椅子を1脚購入しました。

しかしバックオーダーとなってしまったので、渡米前に終了せず、今日から事務所の大掃除をしています。

ちなみに、アメリカで新しいMacBook Pro 15インチモデルも購入。

作業の効率化を図る為に、思い切って部屋を大掃除しました。

要らない物を思い切って捨て、新しい棚等で収納等を考えていますが、作業開始から8時間、一応大きなオフィス家具の設置は終えたものの、小物や書類等の整理に時間がかかりそうで、1日の予定だったのが数日間の大プロジェクトになりそうです。

しかし、既に部屋はきれいに整頓され、気持ちもすっきりになって来ました。

○捨てる事の勇気

実は、私、アメリカに未だに段ボール10箱分の荷物が残っています。

ちなみに去年までは15箱ほど・・・そして今回の渡米でもかなりの量のモノを捨てて来ました。

その中身は、書類や衣料、そして仕事柄いろいろなパソコン、映像、音関係のケーブル、そして一度も使っていないフォルダーやプリンターの紙等です。

去年の渡米では服を中心に捨てました。

そして今年の渡米では、中には新品のプリンター用紙や封筒、一度も使っていないフォルダー等を捨てて来ました。また、大学の教科書やノート、古くなったパソコンや、未だ使えた業務用S-VHSビデオデッキ、DVDプレイヤー等も思い切って捨てて来ました。

もったいないかなーと思う時もありますが、もう2年近く使っていない物ばかりです。そしてオークションで売る時間もありませんでした。

ということで思い切って捨てる事にしました。

「もったいないな〜」と思っていながら捨てる事を躊躇していた自分の側で、一緒に居た映画監督の友人の一言で踏ん切りが着きました。

「モノを捨てる時のコツは、将来、成功すると信じる事」

だそうです。疑問に思った自分は、「成功」と物を捨てる事に何の関連性があるのかなと思いましたが・・・。

「だって成功したら、お金が入って来るから、また新しいのを買えるだろう?だから、新しく買えない物だけをキープすれば良い」

なるほど。かなりのポジティブシンキングですね〜。

ということで、倉庫にあった数万円分の新品の書類フォルダーやクッション付きの封筒(結構高いんです)、ラベル用プリンター用紙や高級ホッチキスなどを捨てる事に成功しました。

また、結構たまっていた衣類も、1週間ほどの服を残し、残りを全部捨てました。

そして、「いつか使うかなー」と思っていたパソコン周辺機器。よく見てみると5年ほど前の規格の古い物もありました。

アップルのMac関連のパッケージはどれも奇麗で捨てがたかったのですが、思い切って、1週間前に買った最新のMacBook Proのパッケージを除いて全て捨てる事が出来ました。

今回、帰国しても、結構ありました。パソコン関係の箱。5年前のアンチウイルスソフトのパッケージなんて絶対キープしておかなければ行けない必要はありません。

ということで、大きな物を捨てる事には成功しましたが、今は細かい書類等の分別に入っています・・・。

あと、今回の出張のレシートの計算もしなければ・・・。

今日の掃除に費やした時間は10時間ほど・・・片付けはしばらく続きそうです。

cc common dummy placement