早すぎる?政権交代

ここ数日は、ブログを書いて行ける時間がとれそうです。

ということで、時事ネタをかましてみましょう〜。
話題の政権交代です。

ちなみに、この事は、英語ブログでも書かせていただきました。

■ My Only Worry About Japanese Politics
http://katz515.blogspot.com/2009/09/my-only-worry-about-japanese-politics.html

政策とかそういうのではありません。政権交代の実務での問題点です。

■ 20日足らずで新政権発足は早すぎるでしょう〜

今、日本は、ひじょうーに重要な時期が来ています。

15年前に、一応、自民党以外の政権は出来ましたが、その時は連立政権でなんとかやっていたので、実質、自民党以外の政党1党が与党となって政権を取るのが、戦後初めてだからです。

つまり、政治家さんも、官僚さんも、今まで全然経験した事がない与党の交代が行われます。

ちなみに、統計局のホームページに、2007年度の国家公務員の数が載っています。

● 53 国家公務員数
http://www.stat.go.jp/data/nihon/g5324.htm

日本の国家公務員数は30万人です。

そして、こちらに、トヨタさんの、連結従業員数があります。

● トヨタ自動車(株)
http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/7203

連結従業員が、32万人です。

そして最近、トヨタの社長さんも、豊田章男社長が2009年6月に就任しましたが、その人事が発表されたのは、2009年1月20日です。

● トヨタ・豊田章一郎名誉会長と奥田碩相談役が退任の方向へ
http://jp.ibtimes.com/mod_article.html?category=biznews&date=090120&id=27450

つまり、トヨタの豊田さんは、5ヶ月間の準備期間を経て、社長に就任されました。

もちろん、一般企業と、政府とでは勝手が違いますが、とにかく、強引に両者を当てはめますが、同じ30万人の「従業員」を抱えている組織のボスが、かたや発表後5ヶ月の準備期間、かたや発表後(選挙後)20日以内に変わる・・・。

アメリカではオバマさんが就任しましたが、選挙が行われたのが11月4日。そして、就任式が1月20日です。もちろん、アメリカと日本とは、政府の規模が違いますが、オバマさんは、ほぼ3ヶ月準備期間があったのです。

ちなみに、アメリカ連邦政府の職員数は、時間を費やすのもあれなので、2007年のデータしかか見つけられませんが・・・

http://www.bls.gov/oco/cg/cgs041.htm

約177万人の連邦職員がいます。多い・・・。

*ただ、この統計には軍隊62万人分もカウントされ、日本の国家公務員数には自衛隊の隊員数はカウントされていないので、実質115万人。

*そして、日本の30万人には、天下り協会の職員数が含まれていないので、おそらく、ちょうど、アメリカの国家公務員の数と、日本の国家公務員の数は、両国の人口&国土と比例していると思います。

しかし、大統領選挙は4年に一回、11月に行われて来ましたので、周りで働いている人もスケジュールが立てやすく準備がしやすい。いつやるのか全然分からない日本の選挙とはえらい違いです。なので180万人の職員のボスでも3ヶ月で準備が完了します。

■ 政権交代は300日かかるかも・・・

ということで、既に決まっちゃった政権交代。

先週土曜日、選挙前日、テレビ東京の番組「週刊ニュース新書」で田勢康弘さんと、東京大学先端科学技術研究センター教授の御厨貴さんが、異口同音で、おっしゃっていました。

このお二人は、既に、民主党が大勝するのは選挙前日から自信を持って確証していたので・・・

【政権交代は時間がかかるから、周りの人は、ちょっと長い目で見ないと行けない】

ということを訴えていました。

んで、私のめちゃくちゃ、根拠のない、独断と偏見ですが・・・。

おそらく・・・、官僚の方も、前回の政権交代から15年経っているので、政権交代を経験していない人が多いと思います。なので、政府の方でも、この問題にあまり気がついていないでしょう。

民主党の議員さんたちも、元自民党出身者のバックアップはあると思いますが、彼らは新人議員の教育が精一杯の状態が続くと思います。

20日後に、新政権が発足するというので、見切り発車しなくちゃ行けないので、おそらく、民主党さんが、全政権を実質握ることができるのは、オバマさんの選挙後から就任式までの100日間ではなく、倍の200日位はかかるんじゃないかなと思います。

んで、アメリカでは、よく「最初の100日」と、就任後100日間はマスコミも政治の手腕を判断するには早すぎると言う事でおおらかに批判する事を習って・・・実際に新政権の結果が出て、政権交代の批判が出来る日は、300日後だと思います。

■ 今後民主党が直面する問題点

・実際の政権がどんなに大変か気づいて慣れるまでに時間がかかるのにいつ気がつくか
・官僚さんも今まで要領の分かっていた自民党さんを相手にしていたが、何も分かっていない議員さんを相手にするので議員さんとやり取りするのに時間がかかるのにいつ気がつくか
・日本の国民も政権交代の経験がないのでどれだけ我慢出来るか
・20日以内で閣僚等の人選を行わなければ行けないので、バックグランドチェックが不十分になる(スキャンダル対策・・・)

*ちなみに、オバマさんも、ブッシュさんも、学生時代、大麻吸っていたし、クリントンさんは・・・。

にかかって来るでしょうね。

でも、まあ、50年以上も、同じ政党が実権を握るのは、独裁国家寸前だったので、あまりよくありません・・・といっても、民主党が力を持ちすぎてもあれですが・・・ということで、私の今回の投票は、それを反映した投票をさせていただきました〜。

ともかく、今年は中国にGDPで抜かれる年です。

私は、この選挙結果は、当然だったかな〜と思っています。

自民党がどれだけすごい政党だった事を国民は再認識するか、民主党の成果をどれだけ上げることができるか・・・。

とにもかくにも、私的には今後300日間は、あったか〜い目で民主党さんの動向を見守って行きたいと思います。300日間は大目に見ます。

先ずは、今後100日間、NHK、フジテレビ、TBS、日テレ、テレ朝、テレ東、独立系局のTV番組と、読売、朝日、毎日、各地方紙、スポーツ紙、週刊誌、雑誌、ラジオを出来るだけ無視しましょう・・・全部やん。

というか、海外の政権交代を目の当たりにした記者さん以外の言葉は、絶対に信用しない様に。

前述の田勢さんは、日経記者としてワシントンに滞在・・・やっぱり、分かっている人は分かっております。

ただ300日後に成果がなければ・・・。おお、うまい具合に参議院選が迫っていますね〜。