ダニエル・ピンク「やる気に関する驚きの科学」から、真のホームページ制作とは

お知らせを書こうと思って、キーボードを叩いていたら、めちゃくちゃ脱線してしまった・・・。

.

.

■ ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」

このビデオは、特に、経営者・自営業・人事担当など、人を操る立場に居る人は、絶対に見なければ行けないビデオです。

他の人もそうなんですが・・・。

とにもかくにも、日本語字幕のビデオが公開されたので紹介します。18分のビデオですが、じっくり見て下さい。

.

.

● ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/dan_pink_on_motivation.html

.

.

■ 聞くより実践、TEDの翻訳の仕組み

先ず最初に、このTEDを紹介。

TEDとは「Technology」「Entertainment」「Design」の頭文字をとって命名された、1984年に設立されたNPO団体です。

毎 年、ロサンゼルスから南に60キロのロングビーチ市でイベントが開かれ、昔は名前の通りに、テクノロジー、エンターテイメント、デザインの分野からのス ピーカーが話しているだけでしたが、今となっては、「革新的なアイデア」を持っている人なら、どんな分野の人でも、TEDが認めた人なら話をすると言った 感じになっています。

ちなみに、ロングビーチ市は、私の地元三重県四日市市と姉妹提携都市しているし、私も、ロングビーチ大学を卒業しました・・・関係ないか・・・。

とにもかくにも、上記のビデオ、何で日本語字幕がつけられているのか・・・。

ピンク氏は、ビデオの中で、マイクロソフトが何億もお金を費やして辞典ソフトを作ったけれども、何万人ものボランティアの無償奉仕によって作られて来たウィキペディアが、ずっと品質の高いものになっていると言いました。

TEDの翻訳ネットワークも同じです。

これは、ボランティアの翻訳家の方達によって行われているのです。

すばらしいスピーチを自分の国の言葉で皆に伝えたい。そんな人たちを迎えれる様にプラットフォームを作ったのです。

.

.

● TED Open Translation Project
http://www.ted.com/pages/view/id/287

.

.

報酬やボーナス・ノルマ等の「外的な意欲」よりも、すばらしいスピーチを世界中に翻訳したいという「見えない内的な意欲」が、このようなTEDのすばらしいスピーチを、日本語でも見る事を可能にしました。

.

.

■ ただ「オープン」にするだけではダメ

しかし、どんなに誰でも簡単に翻訳したり、ウィキペディアに誰でも記事を追加出来るようにしただけでは、品質の高い翻訳は生まれません。

ということで、ウィキペディアも、TEDの翻訳システムも、きちんとしたガイドラインと、ボランティアの手によって翻訳のクオリティーが向上する様になっています。

つまり、自由にオープンにするけれども、それでも、クオリティーを維持したり公平性を維持したりする為に、ある程度のルールーを決めていかなないとうまく行かないのです。

ウィキペディアにおいては、記事掲載の基準を「辞典とよばれるものにふさわしい内容」でないと、世界中のボランティアによって、数分で記事が消されてしまいます。そういうシステムを構築しました。

そして、このTEDでも、翻訳者1人が翻訳するのではなくて、絶対に他の翻訳者が承認をしなくては行けないシステムになっています。

.

.

■ では、本当の「やる気」とは

というか、海の向こうの話ばかりだと、現実味が湧かないと思うので、私がかなり尊敬する、地元四日市の経営者さんと、いきつけの飲み屋さんで酔っぱらいながら話を聞いた事を紹介します。

その経営者様は、四日市で数件、バーやレストランをされている方ですが、私が日本で起業をすることを話しているのを知ってかしらずか・・・従業員の話になりました。

社長さんは、従業員に給料を渡す時に、こう聞くのだそうです。

「給料を払っているのは誰や?」

と。

従業員の方は、口々に「社長です。」と答えます。

そして、社長は「お前、客に決まっとるやろう〜」と柔らかい喝を入れます。

「お客さんが喜んでくれたからお金払ってくれてるんやぞ」と。

実は、これ、基本中の基本なんですけれども、大きな会社の中に居れば居るほど、徹底出来ていないんですよね。

社員の方は給料や昇進の話なんかを気にしますが、その「気にする」矛先は上司や役員さんがほとんどです。

サービスや製品をお客に売っているのが一番なはずなのに、「上司や役員に気に入られる為に、お客さんを喜ばす」という意思が多いのが現実ではないでしょうか。

これは、部下たちの責任ではなくて、上司や役員の方がきちんと指導しないのが原因です。

.

.

というか、2年前、会社を立ち上げた時に、社長さんに飲み屋さんで言われた事・・・当たり前なんですが、ガツ−ンと自分に響きました。

当たり前のことなんですが、でも、知ったかぶりは行けませんね。自分のしている事の本当の目的を見失うことはすごく簡単です。

ということで、自分は常に社長さんが言われた事を思い出しています。

.

.

それでは・・・、私がこのブログを書く目的とは・・・。詳しくは後ほど・・・。

.

.

■ ホームページ制作の心構え

ということで、他人の話ではなくて、自分の話を・・・。

先月中旬、名古屋の車いす販売業者「ウィル・プラス」様のホームページを制作させていただきました。

● ウィルプラス・ホームページ
http://will-plus.com/

.

.

ここ10年以上、ウェブサイト制作をして来て、いろいろな方との交流を持っているのですが、ホームページを制作する人・デザイナーの方が一番欠けている事があります。

「お客さん」への意識です。

どんなにかっこがいいデザインでも、どんなに性能がいいソフトウエアを使っていても、「お客さん」第一に考えないと行けません。

ここでいう「お客さん」とは、制作するホームページに訪問するお客さんです。

実は、私、今まで、ホームページ制作の業務を宣伝した事は一切ありません。

全て、口コミで来たお客さんばかりです。

そして、口コミで来たお客さんでも「この人は真剣に自分のお客さんの事を考えていない」方であれば、お断りしています。

デザインやソフトウエアを使いこなす以上に、ホームページというのは、自分のお客さんに情報を伝えると言う事が最優先になって来ます。

ということで、ホームページに必要なのは、カッコイイデザインでもなく、優秀なソフトウエアでもありません。というか、カッコイイデザインや優秀なソフトウエアは、あくまでも道具です。

写真カメラマンさんが、その例ですね。今では、プロ用機材も数十万円と、ちょっとお金を貯めれば誰だって購入出来ますが、カメラマンさんが職業として成り立つのは、お客さんが希望している写真を確実に撮影出来るからです。

.

.

実は、私のホームページ制作代金の半分以上が「きちんとホームページを更新する為の文章力・写真技術」を供与する為のマンツーマン指導をさせていただく為の指導料金・・・いわいるコンサルティング料金です。

今昨今、「5万円でホームページ作ります」と広告を歌っているとこがありますが、彼らはホームページを制作する技術を提供していると思いますが、上記のホームページを更新する為の文章力の指導は行っていないでしょう。

ですので、既に、ブログを頻繁に書いていらっしゃる方で、みなさんに喜ばれる文章を書いている方は、それらのサービスをお使いになってもいいと思います。

しかし、今までの経験上、ホームページ制作業者に話を持ちかける方のほとんどが、自分でホームページを作った事がなく、文章を書いていらっしゃらない方が殆どです。

.

.

■ ブログを書く行為の本当の意義

文章も、ピアノと同じで、書き続けないと文章力が落ちてしまいます。

実 は、3年ほど前、ロサンゼルスで仕事をしていた時、ニュース等では日本語を読んでいたりはしていたんですが、日本語をしゃべったりするのが極端に少なくな り、数ヶ月ぐらい日本語をしゃべらなかった時がありました。また、日本語をペンで書くといった行為は数年近くやっていなかったでしょうか・・・。

ということで、何かの機会に、日本人の知り合いと会い、数ヶ月ぶりに日本語をしゃべったら・・・

口がうまく動かない・・・。

日本語と英語って、使う筋肉が全然違ったので、日本語をしゃべろうとすると口もつれてしまう・・・。

そして・・・

日本語が書けない・・・。

経済の「済」を直筆で書くことができない事に気がつきました・・・。

.

.

やばい・・・と思って、始めたのが、このブログです。

そして、なにかアイデアが浮かんだら、あえてノートに手書きで書く様になりました。その為に奮発して、万年筆も買っちゃいました。まずは形から入りましょう〜(笑)

.

.

ということで、このブログを続けている本当の理由が・・・

自分の文章力の向上と、アイデアをまとめる為の準備運動をする為です。

別に、読者の方のためになるから・・・という理由ではありません〜。

かなり自分勝手です〜。

今日のブログも、実は自分自身に「ブログをなんで続けているんだろうな〜」と自問自答をしている訳です。

.

.

ただ、もちろん、他の人に読んでもらうためな書き方はしています。まあ、それが私の職業ですからね。

ということで、ブログを続ける事によって、こういう恩恵を受けられる様になりました。

.

.

・ホームページのお客さんにブログ指導が出来る様になった
・文章の校正力がついた(でも誤字は多いですが)

.

.

です。

そして、私、今は、Mixiや、起業系SNSなど、同じ文章をいくつかのブログ、SNSに転載しています。

3度手間以上かけています。

.

.

最初は「まあ、一人でも多くの人に読んでもらって、一応自分の事をプロモーションしておかないとな〜」という安易な心意気で始めましたが、しか〜し・・・やってみると意外な結果が・・・。

.

.

各サービスの投稿基準で投稿する事に寄って、同じ文章を様々な体裁で読むことができる様になり、それで、結構、誤字や文章がおかしいところを見つけることができる様になりました。

ということで、めちゃくちゃ面倒くさいですが、今は、このブログを含めて、いろいろなSNSに同じ記事を投稿する事によって、自分自身の文章力の維持か向上につなげているという目的に変わりました。

.

.

ということで、私が、「ウィル・プラス」さんを含めてブログ運営についてアドバイスさせていただいているのが・・・。

・ブログはお客さんとの気楽なコミュニケーションをとる為のツールである
・だけれども、本当は自分の文章力をつける為のツールでもある

ということを指導させていただいています。

時間はかかりますが、それが将来、ネットショップでの商品紹介等につながって行くからです。ついでに、SEO対策にもなりますし・・・一石三鳥です〜。

.

.

■ お客さんの事を考えた究極のホームページ

めちゃくちゃ極端な話ですが、前回もちょっと紹介したことを再び書かせていただきます。

ひとまず、私が制作したこのサイトをご覧下さい。

● Pink’s Pizza
http://pinkspizza.com/

このサイト、実は、月間5000ページビューを稼いでいます。

テキサス州ヒューストンの友人がやっているピザ屋さんです。

2店舗だけの小さなピザ屋さんです。

しかも、内容は、メニューのPDFを画像にして、それをそのまま貼付けただけの1ページのサイトです。

検索エンジン等のSEO対策は一切していません。

店の写真も貼っていません。

なのに、5000ヒットです!

開店祝いでしたが、シンプルに、作業時間は30分ほど・・・かなり手抜きです。

なのに、5000ヒットです!

.

.

理由は、簡単・・・。

ピザ屋さん
= 配達もやっている
= 注文したい
= メニューと電話番号だけ
= 無駄な表示が全くない
= 電話した時に迅速に気軽にメニューを参照出来る

だからです。ただし、このピザ屋さんの友人は、実際にはチラシを撒いたり、いろいろネットワーキングを行っています。あと、アメリカはやはりピザですし・・・。ですので、ピザ屋さんのホームページにたどり着くまでのプロモーションは最低限されていることを断っておきます。

でも、余計な店舗紹介のページは要りません。手抜きでやったつもりが、実は、このピザ屋さんのお客さんの事を本当に考えたウェブサイトになっちゃいました・・・。

.

.

正直に言います。今まで作ったホームページの中で、一番、効率が良くて、一番成功したサイトです。

お客さんに「Katzさんが、今まで作った中で一番のホームページはどれですか?」

と聞かれたら、躊躇なく「このサイトです」と言います。

お金はもらいませんでしたが、最終的に、彼の結婚式に招待してもらいました(飛行機のチケットを払ってくれました)

.

.

なんか、ついさっきまで、「ブログは書き続ける事だ〜」とか抜かしていましたが、ここではそれを一蹴しちゃいました・・・。

答えは常に1つではないという事ですね。とにかく、お客さんとって一番良いウェブサイト制作は何かを考える1つのきっかけになっていただければと思います。

.

.

■ Twitterをやり始めた方へ

ということで、最後にこれ・・・。最近、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でも紹介された、マイクロブログサービスの「Twitter」。

私は、サービス開始当初の2006年からやり始めているのですが、

あなたは、Twitterの真の利点をつかんでやり始められたでしょうか〜。

Twitterというコミュニケーションツールはどうやって使いこなすものなんでしょうか〜。

それを理解しないと、続けられないし、始める必要もないと思います〜。

.

,

失礼しました〜。

以下、ウィル・プラス様ホームページ開設にあたっての当社のリリースです〜。

というか、本当はこれを書きたかったのに、かなり脱線してしまいました〜(笑)

.

.

■ 車椅子・介護用品ネットショップを、concrete5、EC Cube、WordPressで構築

こ のたび、株式会社deerstudioでは、オープンソースソリューションをフルに活用し、安価に運用出来るネットショップの総合ソリューションを使い、 名古屋で、名古屋を中心に愛知・岐阜・三重で活動されている、車椅子・介護用品、販売・メンテナンスをされている「ウィル・プラス」様のウェブサイトを構 築致しました。

ホームページ部分は、自由自在に変更が利く、concrete5 を。ネットショップ部分は、国産オープンソースECソリューションの EC Cubeを。そして、ブログ部分を、WordPress で構築いたしました。

業務内容は
・ロゴの制作
・ホームページのデザイン・制作
・ネットショップのデザイン、カスタマイズ
・ブログの制作とカスタマイズ

を行い、今後も

・ホームページ更新指導
・ネットショップ更新指導
・ブログの更新指導
・商品の写真撮影指導

などを行って参ります。技術的なサポートのみならず、ウェブサイト運営には、日々更新する事が大切になって参ります。

顔が見えないネットショップだからこそ、その文を更新や文章・写真を通じでお客様とのコミュニケーションがとれるよう、当社としてサポートさせていただきます。

*当社は concrete5 公認 サービスパートナーです

.

.

■関連リンク

● ウィルプラス・ホームページ
http://will-plus.com/

● ウィルプラス・ブログ
http://blog.will-plus.com/

● concrete5 Japan with Usagi Project
http://concrete5-japan.org/

cc common dummy placement