原点に戻る – シンプルイズベスト!

アメリカから帰国したのが10月3日ですので、それから2週間以上、ご無沙汰しておりました。

ホームページ運用ソフト「concrete5」の新バージョン日本語版リリースに向けて、作業をしているのですが、いろいろ手間取っており、今まで来てしまいました。

ということで、今回、久しぶりにブログを書いてみます。

テーマは、「原点に戻る」です。

.

.

========================================
■ 電話で原点に戻る
========================================

アメリカ出張の際、ネットで密かに注文して会社の住所に送っていた、このヘッドセット (?) を衝動買いしてしまったのです。

そうです。懐かしの黒電話のヘッドセットです。今、iPhoneにくっつけて使用しています。

実は、この携帯電話のヘッドセット、私の友人が、数年前にロスの雑貨屋さんで見つけて購入していたのを見て、かなり欲しくなり、この出張の時に、ふと思い出し、たまたまネットで見つけたので注文してしまいました。値段は、$35。結構高いです。

他にも、安物の黒電話があるようなのですが、私が購入したものは、プラスチックで出来ているものの、結構丈夫に作られています。

しかし、この黒電話・・・すばらしいですね。私も最初、冗談のつもりで衝動買いしましたが、実際に使い続けていて、口元にマイクがあり、耳にすっぽり収まるスピーカーが非常に聞き取りやすい。そしてグリップ感も十分です。

iPhoneという多機能電話を使っていますが、やはりフラットな筐体では、時々、耳からスピーカがそれてしまって聞こえづらかったり、周りがうるさいところで通話をしている時は、相手が聞こえにくい等の文句を言われてしまいます。

携帯電話が小さくなり、マイクの性能も向上しています。雑音を取り除き音声だけを抽出出来るようなマイクも作られています。

しかし、どう考えても、耳をすっぽり覆うことができるスピーカーと、口の目の前に位置するマイクであれば、そういう最先端の技術を必要せずにクリアーな音声を送受信出来る訳です。

1万円する、Bluetoothのヘッドセットもかっこいいですが、私は、3500円の黒電話のほうが気に入っています。

ということで、私はしばらく、この黒電話iPhoneを持ち歩いているでしょう〜。

.

.

========================================
■ 小さければ良いものではない
========================================

ここ20年間、家電製品やパソコン製品はずっと小さくなり続けています。

私 は、事務的な仕事・デザイン・プログラミングは、全てノートパソコンで行っていますが、最近は15インチモデルで落ち着いています。今まで使用した最小モ デルが、初代ソニーのVaioノートパソコンでしたが、最終的には MacBook Pro の15インチに落ち着いています。

これは、私の職業が映像編集や、デザインに関係するというのもあります。映像編集やデザインを遜色無く出来ると言うのが15インチのモデルだからです。

もちろん、重くなりますし、疲れますが、13インチとか、10インチ以下の小さいネットブックのパソコンを使って、目が悪くなるよりは、ましですからね。

とにもかくにも、何事にも「世界最小」とか「最軽量」にこだわりすぎるのもちょっと〜(?)といった感じです。

.

.

========================================
■ シンプルな文章作成ソフト
========================================

ということで、シンプルが密かなブームな私ですが、最近、文章を書くのに使い始めたソフトがあります。

それが、「Writers Room」というマック用のテキストエディターです。$24.95のソフトで、英語版のみですが、文章をよく書く人には絶対におすすめのソフトです。

● WriteRoom
http://www.hogbaysoftware.com/products/writeroom

このソフト。かなりシンプルです。文章を書く事だけに専念しています。

ソフトを立ち上げると、画面が真っ暗になり、テキストを入力する画面のみになり、文章入力するのみだけに専念することができる様になります。

Microsoft Wordなどを使っていると、どうしてもいろいろな無駄が見えて来ます。

例えば、文章の装飾。

文章を書くのは何事も、まずは良い文章を書く事に専念するのが大切です。テキストの装飾は、あくまでも、自分の書いている文章の表現を助けるだけの補助的な役割のみです。

ですので、私はこのソフトを購入し、脚本を書くとき以外に文章を作る時は、このソフトを先ず使用して、文章の草書をする事にしました。

というか、本当に仕事がはかどる様になりました〜。

ちなみに、普通の編集モードもついていますので、フルスクリーンのシンプルなモードを終了し、文章の編集等が出来る様になります。

ちなみに、Windowsではフリーソフト「Dark Room」というのがあるらしいです。

● Dark Room
http://they.misled.us/dark-room

.

とにかく、シンプルな原点に戻る事の大切さを勉強させられている今日このごろです。

.

.

<WriteRoom 参考記事>

● 集中して文章を書くための環境づくり – WriteRoom/Dark Room – マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/column/lifehack/065/

● スタンド・バイ・ミー風なエディタ「WriteRoom」
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-291.html

● MacBook Airで綴るWriteRoomの美しさ
http://mrrsblg.wordpress.com/2009/06/18/macbook-air%e3%81%a7%e7%b6%b4%e3%82%8bwriteroom%e3%81%ae%e7%be%8e%e3%81%97%e3%81%95/

cc common dummy placement