Ustream ハイライト機能の使い方

最近話題になってきた、Ustream。

みなさん、いろいろな形で楽しんでおられます〜。

Ustreamでは生放送した内容を録画することが出来ます。しかし、ダダ漏れをしている特性上、かなり余分な部分が動画に含まれており、録画ビデオを見ている人にとって、それらの無駄な部分を見るのはつまらない。

Ustream の放送を生で見ているときは、コメントをしたりして時間が経つのを忘れますが、録画ビデオは、リアルタイムコメントが出来ない分、暇になり、余分な間が気になってしまいます。

特に、Ustreamを録画して、より沢山の人に見てもらおうと思っている放送者の方。また、長丁場の生放送イベントに参加した出演者の方で、自分の出演シーンだけ欲しいなーと思っている方・・・。

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Ustreamのハイライト機能とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、Ustreamには、「ハイライト機能」が搭載されて、余分な部分をスキップできます。しかも、このハイライト機能は、Ustreamにユーザー登録している方なら誰でも他人のビデオのハイライトを作成することが出来ます。

なので、使い方として、

・各出演者が自分の出演部分のハイライトを作成
・視聴者が面白い部分をかってに切り抜く

などが可能です。しかも、このハイライトは、URLのみならず、埋め込みコードも発行しているので、対応しているブログサービスを利用されている方は、自分のブログに埋め込むことも出来るかもしれません。

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ハイライトの作り方と使い方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、Ustream でハイライト機能を使ってみましょう。

.

.

1. Ustreamにユーザー登録

Ustreamへのユーザー登録が済んでいない方は、ユーザー登録をしましょう。

● Ustream 新規アカウント登録
http://www.ustream.tv/login-signup

.

.

2. ハイライトを作りたい録画ビデオに行く

.

.

3.ビデオ左下「ハイライト」をクリック

.

.

4. ハイライトのタイトルを入力


.

ハイライトのタイトルを入力すると「次」のリンクが現れます。

.

.

「次」をクリックして進みます。

.

.

5. ハイライトの始まりと最後の時間を指定

タイムラインにバーが現れ、ここで、ハイライトの始点と終点の時間を指定します。

.

.

コツとしては、バーを使って大体の場所を指定し、始点と終点の両隣にある時間調整ボタンを使って、秒単位の微調整をすることです。

そして、始まりと終わりの選択が完了したら「送信」を押します。

.

【ここで注意】 ハイライトは削除・修正ができない!

2010年7月25日時点、Ustreamは、作成されたハイライトを削除したり、タイトルや時間の始点や終点の修正ができないようになっています。ですので、一度ハイライトを作ってしまったら、そのビデオを削除しない限り、ずっと残ってしまうことを了承してください。

【ポイント】 あらかじめ始点・終点をメモっておく

長 時間の動画になると、ちょっと始点・終点を選択しづらい。ですので、予め、両点の時間をメモしておいてからハイライト作成画面に入るのもいいかも。上記の バーを使って始点と終点を大体のところまで持って行き、矢印ボタンを連打して、細かい秒数の調整をさせることをおすすめします。作業のスピードが格段に アップします。

.

ということで、「送信」を押します

.

.

.

6. ハイライト作成完了

ハイライトの作成が完了すると、以下のような画面が出てきます。

.

.

青くなっている文字をクリックすると、作成したハイライトに行くことができます。

.

.

6. ハイライトを共有 (その1)

.

.

画面右側に、このページに飛ぶためのアドレス(URL)と、自分のサイトやブログに埋め込むための埋め込みコードが表示されますので、これをコピペして、みんなに知らせましょう。

.

.

6. ハイライトを共有(その2)

ハイライトのURLを保存し忘れたという方は、大元の録画ビデオに戻ります。

そうすると、タイムライン上に、しおりマークが現れます。

.

.

そこにマウスを持って行くと、ハイライトの内容が表示されます。「共有」ボタンをクリック。

.

.

そうすると、アドレスや埋め込み用コードを取得することが出来ます。

.

.

盛り上がった生放送。その盛り上がりを冷ませずに、要所要所だけをいろいろな人と共有できる便利な機能です。

.

<関連記事>

●Ustream 屋外中継の心得
http://ja.katzueno.com/2010/04/1206/

●機材リスト解説 – 本気でネット中継をする方法
http://ja.katzueno.com/2010/03/1163/

●生録ブームから・「個」ー「大」ー「個」の流れ・技術・マーケティングを考える
http://ja.katzueno.com/2008/03/1260/

●気軽に作れる自分放送局セット
http://ja.katzueno.com/2009/05/1008/

cc common dummy placement