日本のアダルトが、ブラピを超えた!?

イギリスのニュース通信社のレポートを見ました。

映画制作をしている人間として、めちゃくちゃ、ハッとするものでした。

なんでも、香港で、来月5月に公開予定の、3Dアダルト映画が。日本人主演で制作されているらしいのです。

【注意】ヌードシーンなどが含まれていますが、あくまでもイギリスの立派な通信社のニュースです

Hong Kong film-makers aim to be first in 3D porn
http://www.youtube.com/watch?v=rJ2Dv9Pt92Q

.

* ちなみに、今まで3Dのアダルトビデオはありましたが、これは、世界初のアダルト3D“映画”ということらしいです。

.

映画制作者として、YokosoNewsの編集者という観点から、このニュースを解説します。

.

上記のビデオから分かることは以下の4点です。

1. 予算が3億円

2. アダルト映画

3. 出演者が日本人

4. 制作サイドが香港人 = 資金を出しているのが外国人

.

という事実が分かります。

.

つまり〜、外国人は、

「日本人出演の、ポルノ映画に3億円出す価値がある」

と判断したのです。

.

ちなみに、10年前、スペイン人の知人がブラッド・ピットにCMの出演交渉をしたので知っているのですが、10年前のブラピの30秒CMの出演料は1億円ことでした。

.

強引な比較ですが…

日本人出演のポルノ映画は、ブラピのCMより、価値がある

ということなのです。

(ブラピファンの皆様、すみません。あくまでも例えです)

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ アニメ・オタクよりも凄いかもしれない、日本のアダルト産業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アメリカで、留学生として生活していると、他の国の留学生と知り合いになります。

台湾人の知り合いも何人も出来ました。

.

その中で、今、建築家として台北で活躍してる、台湾人の友人が居ました。友達なので、一緒に遊びます。夜遅くまで飲んで遊んで・・・時には彼の家まで遊びに行きます。

.

5年前…

彼:「Katz、ウチ、速いネット回線に変えたよ〜」

俺:「何で〜?」

彼:「決まってるじゃん〜」.

.

彼の家に行くと、黒いデスクトップパソコンが起動したままになっています。.

私:「コレで何してんの〜?」

.

彼は、おもむろに、100枚近くのCD-Rディスクを取り出し・・・

彼:「最新作までなんでも揃ってるよ〜」

.

と、なんと、日本の数日前に発売された(らしい)日本のアダルトビデオのコレクションをCDの中に焼いていたのでした…。

.

彼曰く、日本のアダルトは“クオリティー”が良いので、 台湾の若者男子全員 が “お世話” になっているらしいです。

そして、彼との「日本のアダルト」との出来事はこれだけではありませんでした。

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 日本のAV女優、アジアではハリウッドスター並の人気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記のニュースで、香港の制作会社が、3億円の予算を費やして、アダルト映画を制作しています…。50〜100億円使うハリウッド映画ほどではありませんが、3億円は巨額なお金です。

日本で3億円の映画と言ったらどのような映画でしょうかね

● 映画の製作費について私が知っている二、三の事柄(日本映画篇)
http://homepage3.nifty.com/gachinkobros/badget-j.html

に分かるとおり、大体の映画が3〜6億円で、「大作」と呼ばれる、スタジオジブリや、踊る大捜査線シリーズなどが、10億円超をするぐらいです。

.

戦争モノや時代劇など、大掛かりなセットや爆発やVFXを使わない限り、予算は、3〜5億円が妥当です。ちなみにこれは、韓国映画でも同じようなことが言えます。

.

あくまでも、ビジネスとして、お金の金額という単位で話しているだけなのですが・・・

上記のAV映画が、もし、興行的に成功を収めたら、

.

ジ○二○ズ = 日本のAV女優

.

という恐ろしい図式が成立してしまいかねません

ただし、既に、実際に、嘘か本当か、3億円が集まったというのは事実なので、実際問題、上記の図式は、ほぼ成立したと行っていいでしょう。

(あくまで映画の制作費という観点からですので…ファンの方本気にしないでね…汗)

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ とにかく圧巻、アジアの日本AV熱

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というか、また私の体験談より…。

例の台湾人の友人の話に戻ります。

とある日、彼のアパートに遊びにいきました。

すると、日本人女性の方が遊びに来ていらしておりました。まあ、異国の地で出会った日本人同士のお決まりのご挨拶をします。

.

私:「初めまして〜 <略> 日本で何してたの〜? <略> ロスで何してるの〜」

彼女:「ダンスしてたけれど歳だから、看護婦とかになろうかなと思って」

私:「ふーん」

.

てな感じで、普通に何も発展もしない会話が続き、夜が終わりました。

後日、彼にコーヒー屋さんで出会います。

.

彼:「Katz〜、この前の晩、どうだった〜?」

私:「何、この前の晩って〜?」

彼:「彼女だよ〜、凄かったでしょ〜?」

私:「は〜?」

彼:「えええ〜!! Katz は『なんか、クールに振舞ってるな〜』と思ってたけれど、気づいてなかったの〜!?」

私:「は?」

彼:「彼女、○○○○○○だよ〜。知らないの〜?」

私:「知らんよ。誰?有名人〜?」

彼:「チョー有名人だよ〜!!」

私:「だって俺、日本にしばらく帰ってないしテレビ観てないから、分からん」

彼:「・・・・」

私:「誰なんだって〜?」

彼:「日本の伝説的なAVスターだったんだよ〜」

私:「あ〜・・・そ・・・」

.

ということで、後で彼女を検索してみると・・・なるほど・・・確かに彼女でした・・・んで、しかも、超有名人だったということが判明。

台湾人の彼が、なんで、元日本人AVスター女優と知り合ったのか…詳細はここでは割愛させていただきますが・・・。

彼曰く、彼女と一緒に、台湾人・香港人・中国人がたくさんたいる、ダウンタウン東部のモントレーパークという中国人街に食事に行ったらしいですが、周りの男子の視線やひそひそ話が凄かったらしいです。ただし、女子は「ぽかーん」としていたみたいですが・・・。

.

ということで、日本人の私は全然知らなくとも、台湾人、香港人、中国人、インドネシア人、タイ人、フィリピン人・・・東南アジアの男性諸君をはじめ、北欧系でも日本モノの人気は絶大です。

.

というか、これは、私の周り、ロサンゼルスの台湾・中国人だけのことではありません…

.

<関連ニュース>

「国防予算に匹敵する日本のアダルト産業、各国から反感」—中国メディア
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0419&f=national_0419_020.shtml

ネットの向こうの中国(37)中国、AV女優、そしてツイッター
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0413&f=column_0413_007.shtml

.

特に2つ目の記事・・・中国では、日本人AV女優がツイッターを始めるやいなや、中国では、フォロワー数20位以内にランキングされているらしい・・・。

私と私の友人の経験をまさに鏡で写しているようなニュース・・・。

.

.

.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ とにかく日本人主導で・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ともかく、今回、私が言いたかったのは・・・AV業界のみならず、アニメ、映画、文化、技術と共に、日本のコンテンツ全てが世界に認められているということをみなさんに実感して欲しいと思ったのです。

日本AV女優の出演作 = ハリウッドスター出演のCM

という事実があることを〜。

ということで、変な観点からですが、日本は「世界1」と言っても過言ではないでしょう。

.

つまり〜

.

●民放は番組を世界ベースでつくっていきましょう
http://ja.katzueno.com/2008/09/750/

.

のように、日本のAV産業をはじめとして、全ての産業で、同じように世界ベースにつくっていけば、可能性はあるということですね〜。

具体的に言うと、数十万〜数百万規模のアダルトビデオのみならず、数億円規模のアダルト映画を、香港の人たち主導じゃなくて、日本人主導で作るべきじゃないでしょうかね〜。

そして、日本の普通の映画界の皆さんも・・・、マーケット的に100億円くらいの予算の映画を年に1本作り続けることは、可能だと思います。

.

<関連記事>

● 500ドルの映画と「アバター」の200億。制作会社経営者が考える制作費と経費計算
http://ja.katzueno.com/2009/12/1105/

● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その1)
http://ja.katzueno.com/2008/11/889/

● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その2)
http://ja.katzueno.com/2010/08/897/

●映画の予告編の作り方
http://ja.katzueno.com/2008/11/870/

● 映像コンテンツ後進国日本の課題 – YOSHIMOTO DIRECTOR’S 100からみる可能性
http://ja.katzueno.com/2008/11/866/

cc common dummy placement