Excel でよく使うようになったショートカット一覧

仕事で Excel をよく使う人に、作業の円滑化で覚えておくべきショートカットキーの一覧を残しておきます。ショートカットキーを使いこなして、作業効率をあげましょう。

自分が最近良く使っているショートカットキーは下記のとおりです。

Ctrl+K ハイパーリンクの挿入
Ctrl+W ウィンドウを閉じる
Ctrl+PageUp 前のシートに移動
Ctrl+PageDown 後のシートに移動
Alt+PageUp 一画面右へに移動(スクロール)
Alt+PageDown 一画面右へに移動(スクロール)
Ctrl+D 上の行をコピー&ペースト(Down)。(Shiftを押しながらだと一気に可能)
Ctrl+R 左の列をコピー&ペースト(Right)。(Shiftを押しながらだと一気に可能)
Ctrl+ドラッグ&ドロップ ワークシートの複製
Alt+Enter エクセルでセル内で改行
Shift+スペース エクセルで行を選択(半角英数モードの時のみ)/範囲指定を行っているとEnterでその中へ移動(横へ移動)できる
Ctrl+スペース エクセルで列を選択
Ctrl+1 セルの書式設定ダイアログを開く(テンキーの1は不可)
Ctrl+9 指定した行を隠す
Ctrl+Shift+9 隠された行を表示
Ctrl+0 指定した列を隠す
Ctrl+Shift+0 隠された列を表示
Alt+Shift+= SUM関数の呼び出し
F4 セルを参照した状態で押すと、セルの絶対参照の切り替え
Alt+OHR シート名の変更
Alt+OCW 列幅の変更
Alt+ORE 行の高さの変更
Alt+IW 新しいワークシートの挿入
Alt+DS 並べ替え
Alt+DFF オートフィルタ
Alt+EIS 連続データ(加算)
Alt+EISF 連続データ(オートフィル)

特に Alt + OCW と Alt+ ORE は、印刷用に、複数シートの横幅サイズを数値で指定して整えるのに最適です。

参考:http://hidarime.com/pages/article.php?id=328