YouTube: リンク、WordPress、埋め込みで動画の途中から再生させる方法

YouTube の動画でも最近長い尺のビデオをアップできるようになりました。動画が長くなると、動画の一部分だけを見せたくなります。

Ustream の場合は「ハイライト機能」があります。

● Ustream ハイライト機能の使い方
http://ja.katzueno.com/2010/07/1278/ 

YouTube でもリンクURLや埋め込み用コードを操作することによって、動画の途中から再生できるようにできます。

リンク型

構文

#t=○○m○○s 

説明

YouTube ビデオのURLの最後に、「#t=」と半角英数字で入力し、再生開始したい分 (m) と秒 (s) を指定する

サンプル

YokosoNews の動画を、1分8秒目 (01m08s) に再生させる

http://www.youtube.com/watch?v=yb5JdgNDw0Q#t=01m08s  (←クリックしてみよう)

WordPress

WordPress の場合、上記フォーマットのリンクを装飾を加えないまま、本文にコピペするだけで、YouTube動画をページ中に埋め込み、指定した場所から再生できるようになります。埋め込みコードを埋める必要はありません。

WordPress 3.3.1 で確認しました。

WordPress 設定

WordPress 管理画面の「設定」-「メディア」より「自動埋め込み」のチェックがオンになっている必要があります。

サンプル

以下スクリーンショットのように、WordPress 管理画面で URL 平文を入れるだけで、WordPress が自動的に埋め込みコードに変換し、YouTube が埋め込まれた形で表示され、しかも、指定した途中の部分から再生されます!

iFrame 埋込型

構文

#t=○○m○○s 

説明

YouTube ビデオのURLの最後に、「#t=」と半角英数字で入力し、再生開始したい分 (m) と秒 (s) を数字で指定する

サンプル

特定の動画の 1分8秒 (68秒目) から再生させたい時

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/yb5JdgNDw0Q#t=01m08s” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

Object 埋込型 (古いバージョン)

構文

&amp;start=○○

○○ の部分は半角英数字の秒数

説明

再生開始したい部分の秒数を表示。1分以上の長さのビデオでも秒に変換して記述。

パラメーターの「movie」や「embed src」の URL の最後に追加。

サンプル

ビデオの 1分 8秒目 (68秒目) から再生させたい場合。

<object width=”560″ height=”315″><param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/yb5JdgNDw0Q?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;start=68“></param><param name=”allowFullScreen” value=”true”><param name=”allowscriptaccess” value=”always”></param><embed src=”http://www.youtube.com/v/yb5JdgNDw0Q?version=3&amp;hl=ja_JP&amp;start=68” type=”application/x-shockwave-flash” width=”560″ height=”315″ allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true”></embed></object>

その他にも YouTube には、ページを読み込んだら再生ボタンを推さずに再生が可能になる方法や、フル画面表示を禁止したり、繰り返し再生ができるオプションなども備えています。詳しくは、YouTube の公式ドキュメンテーションを見てみましょう。

■ YouTube Embedded Player Parameters
https://developers.google.com/youtube/player_parameters