WordCamp Kansai 周辺の Best カレーまとめ (大阪大学豊中キャンパス)

2015年7月25〜26日と、2016年7月9〜10日に開催された、オープンソース CMS 「WordPress」に触れるための日本最大級のカンファレンス「WordCamp」に2年連続で参加しました。

他の人がいろいろレポートを書かれている中、趣向を変えたブログ記事を書きます。

全国の勉強会に参加する中で、いろいろな人との出会いや技術向上できるのはよいですが、個人的な楽しみは地元のカレーを食べることです。

大阪大学豊中キャンパス周辺で、2年かけて調べた、ランチにオススメなカレー屋さん4店を紹介します。

IMG_0080
IMG_0075

条件

  • WordCamp Kansai の会場である大阪大学豊中キャンパス大阪大学会館から徒歩圏内
  • 土日に開いている(週末に営業している)
  • WordCamp Kansai の昼休憩である12:00〜13:00にいける

という勝手な条件の元、毎年100食以上のカレーを食べていて #KatzCurry ハッシュタグで、Instagram アカウント上に投稿しまくっている自分の独断と偏見でカレー屋さんを紹介します。

#4. インド料理カフェ・レストラン「MORE」

大阪大学豊中キャンパスの西側から、阪急石橋駅に向かって下ると一番最初にあるカレー屋さんが、インド料理のお店「More (モア)」です。

学生街ということでリーズナブルな価格のインド料理屋さん。インド料理な気分で行くときのお店です。

学生さんにオススメな「ワンコインカレー」は、名の通り、500円で食べれるカレー。

More ワンコインカレー

自分はチーズナン付きの A セットのカレーを食べました。

More Lunch A Set

味は日本人向けにアレンジされたインドカレーとい印象でした。

安いカレーや、インド料理を阪大周辺で食べたい人はこちらに。

#3. アーティスト プリック (タイ料理)

IMG_1704

さきほど紹介したインド料理の「More」の2軒隣にあるのが、タイ料理の「アーティスト プリック」です。

商業ビルの一角のコーナーに、一見イギリスのパブ風かオシャレなカフェ風な内装なこじんまりとしたタイ料理のお店です。

こちらも、ワンコインで食べられるカレーメニューが学生価格。私はタイカレーがご飯に練りこまれた特別メニューのグリーンカレーチャーハンを食べました。チャーハンと侮っていましたが汗が出るくらい辛い本格的な味で満足です。

IMG_1702
Artist Prick Thai Curry Fried Rice

以上2軒は、大阪大学の坂を降りたすぐにあるカレー屋さんです。

#2. かつれつ亭 (とんかつ屋)

かつれつ亭
  • 食べログ
  • 大阪府池田市石橋1丁目1-11 (Google Maps)
  • [平日] 11:20~23:00(L.O.22:30) [祝日] 11:20~21:30(L.O.21:00) 定休日曜

大阪大学豊中キャンパスの学生館から歩いて15分ぐらいかかってしまうのですが、ボリューム満点でリーズナブルなカツカレーを食べることができるのが、かつれつ亭です。

豊中キャンパスから見て、阪急石橋駅の向こう側にあるというちょっと遠い立地条件にあったのですが、土曜日に開いているお店ということで訪問しました。(日曜日は定休日なので注意)

お店はこじんまりしているけれど、内装はすごく清潔感あふれる綺麗な印象をうけました。

かといってスタッフの方は家族間あふれる雰囲気があり、メニューの内容も学生向けでした。

とんかつ屋さんなので、とんかつ定食もあります。(今回はカレーのレビューなので割愛)

そして、カレーのボリュームは満点です。

かつれつ亭 カツカレー

普通サイズは、CoCoイチ基準で 300〜400g の大盛り。

そのために、女性向けなカレーレストランの基準の普通サイズは、150円引の小サイズをオススメします。

お店の人に聞いたら、大盛りサイズは、お米で 600g とのことです。

しかも、ご飯はお代わり自由。店のカウンター横に業務用炊飯器が置いてあり、お代わりを希望する人はそこで自由にご飯をお代わりできます。

私はチキンカツにチーズがめり込んであるチキンチーズカツ(正式名称ではない)を頼みました。

値段は1,000円前後で、コストパフォーマンス的には、紹介した4店舗の中では一番よいと思います。

#1. クジャクカレー

クジャクカレー

かつれつ亭に向かう途中、商店街のアーケードの中に、「カツ専門店よりもおいしいカツカレー」という、いかにも誇大広告っぽい立看板が立っていたのを見つけて訪問しました。

クジャクカレー 商店街の立て看板

商業ビルの奥深くに位置しているので見つけにくい場所にあります。

クジャクカレー

席も10席ほどしかないところなので大きいグループで訪問はできません。(他の3店舗も15席ぐらいの小規模〜中規模な店舗です)。

しかし、喫茶店のような内装と  Nat Cole のジャズの音楽が流れる店内。表の立看板の胡散臭さの第一印象がよい意味で覆されました。

日曜日の昼時であったため、あまりお客さんもいなく、上品な店主のおばさまにご対応していただきました。

牛すじカレーや手仕込みチキンカツカレーを頼んだのですが、4店舗の中では個人的に一番の味でした。

クジャクカレー 手仕込みカレー

自分は CoCoイチ基準で2〜3辛のカレーが好きなのですが、クジャクカレーさんは0.5〜1辛なカレーです。

またおばさまに頼むとハバネロの辛子ペーストを貰えますので、少量を加えて辛さを加えることができます。

チキンカツも噛むと油汁が滲み出し、しかしこってりもしていおらず、ちょうど良いカツでした。入口の立看板は本当でした。

ボリュームは、普通のボリュームです。ここの大盛りが前述のかつれつ亭の普通盛りのボリュームと考えてもらっていいでしょう。

 

来年も WordCamp Kansai が大阪大学豊中キャンパスで開催されるのであれば、クジャクカレーはもう一度訪問してみたいカレー屋さんです。

ただ、かつれつ亭、クジャクカレーとも、大阪大学会館よりちょっと遠いので、午前中セッション終了前に事前退出するか、13時からのセミナーを遅刻されることを覚悟されてください。

 

来年の WordCamp Kansai でもカレーを楽しみしています (違う)

追記:真面目な WordCamp Kansai 2016 の感想レポートを書きました。