ソーシャルリポーター募集中!

この度、 YokosoNews では、福島県いわき市在住のビデオグラファーの方に協力してもらい、福島県いわき市でなにが起こっているか、定期的に報告していただくようになりました。

● 【募集】災害情報のネット英語発信、続けるぞ・途中報告4

http://ja.katzueno.com/2011/05/2191/

YokosoNews では、全国各地のビデオ制作者様や Ustreamer 様、趣味で映像や写真を撮っていらっしゃる方・・・そうでなくてもレポーターに興味が有る方と一緒に英語で情報発信していきたいと考えています。

まずは、 i-Breeze Iwaki のケースを例に紹介させていただきます。

● i-Breeze Iwaki

http://I-breeze-iwaki.net

いわき市在住の Taka さんは、地元で活躍するビデオグラファー。普段はビデオ屋さんとして、イベント、コンサート、企業ビデオ、結婚式を撮影・編集されていたのですが、今回の福島の事故の件で一発攻勢され、地元いわきの地域情報を発信していきたいとサイトを開設されました。

それを、映像制作者が集まる SNS 「DAVICS2」で知った私は、「i-Breeze Iwaki」でレポートされていることを英語で発信しないかとお声掛けさせていただき、4月から2ヶ月以上、一緒に活動させていただいていることを報告します。

■ 地域密着 Ustream で世界に発信

Taka さんとお話しさせていただいたのですが、ビデオカメラマンとしては一流でもネットで情報発信するとなると、Webの知識も必要です。

幸い、 Taka さんは、ビデオ編集という職業柄、パソコンの扱いにも慣れ、画像の処理も、もちろんプロです。

「BiND」という、私も憧れるデジタルステージの Web 制作ソフトを使いこなし、サイトを制作されていました。

ただし、ネットでの情報発信では、ある程度の Web ならではの文章の書き方や、情報の掲載をしなければいけません。

ということで YokosoNews がお手伝いさせていただくことになりました。

■ YokosoNews と i-Breeze Iwaki の連携まで

● 需要と供給のマッチング

先ず最初に、Taka さんに、 YokosoNews では毎週、東日本大震災に関する情報を世界にむけて英語で発信しており、福島の、マスメディアでは取り上げられないような小さなことも、世界の人々に伝えるのも重要ではないかと思い、いわき市に在住で i-Breeze Iwaki の情報がほしいことを伝えました。

そして i-Breeze Iwaki では、始まったばかりのサイトであり、震災のみでなく、震災後もいわき市の地域活性化を目指したサイトであり続けたいけれども、具体的なアドバイスが少し欲しかったらしかったのです。

YokosoNews で欲し提供できることと i-Breeze Iwaki で提供できて欲しているというマッチングが出来たことが分かりました。

ということで、 YokosoNews が i-Breeze Iwaki さんに行ったことです。

● I-Breeze Iwaki の方向性を確認

YokosoNews は、創刊45年のエンターテインメント雑誌がベースとなっています。45年間培ってきたノウハウをベースに、i-Breeze Iwaki が今伝えたい事・要望とゴールを確認。そして、そのゴールに向かって何をしていかなければいけないかを確認させていただきました。

● 最終的なゴール

最終的なゴールはいわき市の地域活性化に手助けできるような情報サイトを目指し、そして i-Breeze Iwaki 主催者 Taka 様の本業はビデオ屋さんなので、最終的にその活動を通じていろいろな人との出会いや繋がりを広げたいというのを最終目標としました、

● ユニークな点を探す:ビデオコンテンツ

かと言って、普通に写真や文章を書いているだけでは、ブログに毛が生えたものにしかなりません。

しかし i-Breeze Iwaki では、もともとビデオ撮影が得意であるので、できるだけ、ビデオでのコンテンツを増やし、それを特徴とすることにしました。

● 現実的な目標を決める:定期的なコンテンツの提供

メディアを始めるに当たって大変なのが、定期的なコンテンツを作り続けることです。

ネタを何処から探せるのか。地元の人との繋がりが大切です。ということで、本業を続けながらいかに効率よくサイト作業を安価でスピーディーに行なっていけるかを模索していくことにしました。

一定の目標として

  • 1週間に1つコンテンツを提供できるように
  • ただし、本業最優先
  • 本業に支障をきたさない程度に楽に更新しけるように

ということを、当面の目標にすることにしました。半年ぐらいこの目標達成を目指します。

● サイトを WordPress に移行

その次に行ったことが、

  • BiNDで制作していたサイトを WordPress に移行する

ことです。

i-Breeze Iwaki では、サイト制作に「BiND」というソフトを使っていました。

素晴らしいソフトなのですが、大量の記事を扱うことにはまだ適したソフトとは言えません。

そこで、大量のコンテンツをいち早く発信しく環境を整えるために WordPress というソフトをサーバーにインストールし、ソフトを使わずに、Internet Explorer や Firefox などのブラウザだけで、サイトの記事をアップできるようにしました。

● 番外:早く移行できたのは経験があったから

ただ、この作業を i-Breeze さんが早く行えたのは、本業でビデオ編集や画像などパソコンを良く扱い、そして既に BiND でサイト制作を経験されていたからです。

BiND は「ホームページ」を制作する上では大変優れたツールです。今までウェブサイトを作ったことがない人は、一度 BiND でホームページを作成して、ホームページとはなんぞやというのを勉強されると良いと思います。

i-Breeze では、私たちと共同作業を始めるまで、既に、1ヶ月間 Bind で更新作業を続けられ、本業のホームページもBindを使われていました。

このような短いけれども、既に作業をされたという経験が WordPress への移行をスムーズにしたことも事実です。

● WordPress サイト制作

YokosoNews では、1週間に1〜2回、1ヶ月ほどの時間をかけて、i-Breeze のサイト制作をさせていただきました。

既存の無料テンプレートを利用してこちらの作業時間を短縮。 WordPress は i-Breeze のような地域密着でコンパクトな情報サイトには最適です。

※ ちなみに、私の開発している「concrete5」もいいですよ〜(笑)YokosoNews は「concrete5」を使用

● 新サイト完成、引越し作業で勘をつかむ

そして、WordPress サイト構築後、Bind で書きためておいた記事を WordPress に手動で移行してもらいました。

いままで実際に自分が書いてきた記事を WordPress に手動で移行することによって、迅速に WordPress の更新作業や、カテゴリー、タグなどの使い方のコツをより素早く伝授させていただくことができました。

● 完成: YokosoNews で英語で発信

そして今に至ります。現在も可能なかぎり毎週、メジャーメディアでは捉えられない目線のレポートを提供してもらい、 YokosoNews が世界に伝えるお手伝いをさせていただいています。

i-Breeze の Taka さんとは、今まで一度もお会いしたことがありません。ほぼ、Skype のみで共同作業を行ないました。

■ 広島の仏前結婚式を三重から実況解説

この他にも、広島で Ustream をされているノビンさんのご親戚が珍しい仏前結婚式を挙げられるということで、その塗っつ前結婚式を Ustream することに。

なので、YokosoNews で、その Ustream 放送を、一旦、三重県のスタジオで受信、英語解説を加えて「吹き替え生放送」を行ないました。

私がわざわざ広島に行く必要なく、珍しい仏前結婚式を世界に広めることが出来たのです。

■ 全国の Ustreamer や YouTube さん、ソーシャルレポーター募集中です

東日本大震災のみならず、地域活性化を含めて、 YokosoNews では、全国各地の Ustreamer さんや YouTube にビデオをアップされている方などをソーシャルレポーターとして募集します。

英語をしゃべるパートは YokosoNews が受け持ちます。みなさんの地域でもたわいもないと思っている小さな祭り、実は外国人の人にとってはめちゃくちゃ面白いかも。

もちろん YokosoNews としては、交通費を捻出出来れば、直に現地に赴いて取材をしたいですが、それには金銭以外にも時間的な限界があります。

なので、今までの YokosoNews の経験を元にあなたの Ustream、YouTube などのレポート動画を是非とも YokosoNews で紹介させてくださいませ。

YokosoNews ソーシャルレポーターになる利点

  • 元々、同じようなレポートをサイト・ブログ・YouTube・Ustream などで、日本語がわかる人向けに行っている
  • YokosoNews に無償でその内容を提供する
  • YokosoNews は無償で提供してもらう代わりに、無償で英語に翻訳する
  • YokosoNews は海外からの反応を、みなさんにお返しする
  • どちらにしろ、皆さんは日本語がわかる人向けに元々配信されているので、ローリスク・(時間的)低コスト・ハイリターンが期待できる

という相乗効果、 Win-win の関係を築くことが出来るのではないかと思います。

ソーシャルレポーター興味のある方

  • 地方のビデオ業者様
  • 地方の観光協会の方
  • 地方自治体観光課の方
  • 商店街の方
  • 学生の方
  • 留学生の方
  • 地元まつり実行委員会の方
  • 趣味で写真やビデオをされている方
  • 旅が好きな方
  • 音楽コンサートをされている方 or 駆け出しのミュージシャンの方
  • 日本の伝統工芸をされている方、職人さん
  • アーティストの方
  • というか地方から情報発信したいとやる気のある方!

是非とも、YokosoNews のソーシャルレポーターとして日本の文化を紹介してみませんか?

■ お問合せ

YokosoNews について詳しい日本語の紹介と、お問合せはこちらまで。

http://japanexp.org/ja/

またツイッターでも @katzueno お気軽にお問合せくださいませ。

それでは、みなさんと自分も知らない日本を世界に紹介できることを楽しみにしています。

■ 関連記事

○ 2011/5/18 【募集】災害情報のネット英語発信、続けるぞ・途中報告4

http://ja.katzueno.com/2011/05/2191/

○ 2011/4/28 中東アルジャジーラに YokosoNews で生出演・途中報告3

http://ja.katzueno.com/2011/04/2184/

○ 2011/3/29【募集】英語での災害情報を発信 & 掲載メディア・途中報告2

http://ja.katzueno.com/2011/03/2176/

○ 2011/3/19 東北関東大震災を英語UST情報発信中・途中報告1

http://ja.katzueno.com/2011/03/2168/

○ 2011/1/18【募集】国際化の日本のため、外国人への防災知識を広めてみよう

http://ja.katzueno.com/2011/01/2041/

○ 2011/1/7 YokosoNews の英会話スクール・パートナー募集します

http://ja.katzueno.com/2011/01/1970/