concrete5 とオープンソースコミュニティを成長させること

今週末のコンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) 勉強会の資料と、コンフジ (concrete5 富士ユーザーグループ) 勉強会の資料を作りながら、ふと思ったことを書き残す。

concrete5 を Level ゼロから Level 1 まで

自分は concrete5 の日本のコミュニティを、2009年から2012年に自分は、ゼロの状態からレベル 1 へとスタートさせた。

concrete5 日本語版をお披露目したのが、オープンソースカンファレンス 2009 Tokoy/Spring だった。その頃はまだ20代。

OSC 2009 Tokyo/Spring

オープンソースカンファレンス 2009 Tokyo/Spring での CMS パネルで concrete5 日本語版を初披露中

Katz Ueno

オープンソースカンファレンス 2009 Tokyo/Spring での CMS パネルで concrete5 日本語版を初披露中

今は無きオープンソースグループの、Usagi Project の協力により、最初の1〜2年間は、プロジェクトの1つとして寂しく運営をしてきた。PHPの知識があまりない中に、当時は本当に試行錯誤。サーバーの知識もないまま、サイトのメンテナンスを覚えつつ concrete5-japan.org を運営してきた。サーバー費用や活動費用も、当時は全て自腹。そんな状態が3年間続いた。利益もないまま、concrete5 に6桁の自腹のお金をつぎ込んでいたことになる。

Level 1 から Level 100 へ

そして、2012年、菱川さんに託してコンクリートファイブジャパン株式会社が立ち上がった。

コンクリートファイブジャパン株式会社設立記念写真

コンクリートファイブジャパン株式会社設立記念パーティーは、下北沢OSSカフェで。特製ブラウニーで乾杯した。

2009年は、株式会社化するなんて夢にも思わなかった。

2012年からは、1 から 100 へと成長している。

そして今年、待望の書籍を発行し、セミナーも大盛況。

2014年2月14日 concrete5 公式活用ガイドブック出版記念セミナー

そしてコンクリートファイブジャパンの正式なメンバーに。

Level 100 へは、2016年までに達成したい。

その100とは。

  • concrete5 事例100件
  • パートナー 100社
  • 100名規模の勉強会を定期的に開催できる。
  • テーマ・アドオン開発者100名
  • マーケットプレイスへの日本人の活発な出展とエコシステムの確立

なのかなと思う。

これら5つの目標のうち、最低2つは達成させたい。できれば3つ。しかもどれも、実現可能かな〜。

concrete5 Japan Partners

concrete5.7 にあたって

concrete5 は 5.7 になることによって、またゼロからの再スタートをきろうとしている。本家でもいろいろ大変なところがあるけれど、コミュニティをどう説得できるか、課題になってくるだろうな。

Level 100 の次なるステップ

Level 100 を達成した後は自ずと見えてくるものだけれど、やっぱり海の向こうになるのかな〜。

 

とふと思いました。

さーて。がんばるぞ。